終業式 1学期お世話になりました。

 1学期の終業式が行われました。

 1年生は入学して4ヶ月。新型コロナの影響で例年のようにガイダンスを行えず大変だったと思いますが、中学生活にも慣れ、学習にも部活動にも充実した日々が送れているようです。

2年生は、3年生が退いた後、部活動の中心となって活動している生徒もいます。3年生は、修学旅行の延期や全国・四国・県・市総体の中止という前例のない大変な状況を経験しましたが、愚痴を言うこともなく、次の目標に向かって、着実に前進している姿が見られます。本当にみんなよく我慢しました。

校長先生より式辞で、「二頭の飢えた子ライオン」の話がありました。

  「複雑で予測困難な社会の変化に対応する力」を身に付けるためには、二頭の子ライオンの話にあるように、「餌をください」ではなく、「獲物の狩りの仕方を教えてください」という姿勢を持たなくてはならないということを話されました。

 現在立ち向かっている新型コロナウイルス感染拡大防止による日常の激変は、様々な面で活動の意義を考え、見直すきっかけを与えたと思われます。今こそ「生きる力」を身に付けるためには何が大切かを考えなくてはなりません。

  いよいよ夏休みが始まります。短い夏休みを「自分の成長に挑戦する夏休み」ととらえて充実した夏休みにしてほしいと思います。