R2宇和中学校日記

校内人権・同和教育研修会

本日、校内人権・同和教育研修会が開催されました。

今回の研修では、愛媛県人権教育協議会西予支部宇和分会会長 上田武先生、たんぽぽ読書会から4人の講師をお招きしました。

 

前半の研修では、同和差別の現実と今後の同和教育のあり方について、上田先生を中心にパネルディスカッション形式で御講演いただきました。

 

 

後半の研修では、学年団別に分かれ、差別の現実と今後の人権・同和教育をどうつなげていくかについて意見交換を行いました。

 

講師の先生方の言葉の中で、「差別の現実は部落にはない。差別の現実は部落外にある。」という言葉が印象的でした。これはいじめや他の人権課題にも通じるところがあると感じます。重要なことは正しい知識を持ち、自分事として考えていくことです。「本当に差別をなくそう」というメッセージを明確に持って、生徒たちに伝えていきたいと教員一同気持ちを新たにしました。

 

交流戦6 「つながり」を大切に

 昨日、剣道の交流戦が行われました。剣道関係日頃お世話になっている先生方や卒業生OBの皆さんのご協力を得て盛大に行われました。

剣道の防具の面には、マウスシールドを全員装着しています。マスクをした上でシールドも付けて感染予防対策を行っていました。 

白熱した試合が続きました。

 

 

 団体戦では、高校生のOBとの対戦です。

熱戦が展開されました。

 最後は記念の盾までいただきました。

関係者の皆様の温かいお心遣いが伝わってきました。いつまでも「つながり」を大切にしてほしいと思います。

交流戦5 温かい「つながり」

昨日、城川中学校会場で交流稽古・交流試合が行われました。

両行ともはつらつとした合同稽古を行い、お互いの健闘を称えました。

淡々と練習に励み、黙々と稽古を行う姿は大変たくましく感じました。城川中学校関係者の皆様には、会場準備・感染対策等で大変お世話になりました。

宇和中学校の道場には「人間力」という旗が飾られています。

「道」を考えるということ、すなわち「生き方」にも通ずるところであると思います。

礼儀正しい両校の生徒を見ていると、「正しい道」へ導いていただいていることが感じられました。

今後も 「人間力」を高め、精進してくれることを期待しています。

終業式 1学期お世話になりました。

 1学期の終業式が行われました。

 1年生は入学して4ヶ月。新型コロナの影響で例年のようにガイダンスを行えず大変だったと思いますが、中学生活にも慣れ、学習にも部活動にも充実した日々が送れているようです。

2年生は、3年生が退いた後、部活動の中心となって活動している生徒もいます。3年生は、修学旅行の延期や全国・四国・県・市総体の中止という前例のない大変な状況を経験しましたが、愚痴を言うこともなく、次の目標に向かって、着実に前進している姿が見られます。本当にみんなよく我慢しました。

校長先生より式辞で、「二頭の飢えた子ライオン」の話がありました。

  「複雑で予測困難な社会の変化に対応する力」を身に付けるためには、二頭の子ライオンの話にあるように、「餌をください」ではなく、「獲物の狩りの仕方を教えてください」という姿勢を持たなくてはならないということを話されました。

 現在立ち向かっている新型コロナウイルス感染拡大防止による日常の激変は、様々な面で活動の意義を考え、見直すきっかけを与えたと思われます。今こそ「生きる力」を身に付けるためには何が大切かを考えなくてはなりません。

  いよいよ夏休みが始まります。短い夏休みを「自分の成長に挑戦する夏休み」ととらえて充実した夏休みにしてほしいと思います。

1学期を終えて

非日常が日常に。

梅雨が明けました。いよいよ夏休みです。夏ということで3年部の先生に「夏といえばこの1曲」という質問をしました。返ってきた答えを先生の名前のあいうえお順に並べさせてもらいました。(校長先生にも答えていただいております。)

曲名 歌手名
夏の扉         松田 聖子
君は1000%       カルロストシキ&オメガトライブ
夏色          ゆず
夏の日の1993      Class
少年時代        井上 陽水
サマータイムブルース  渡辺 美里
少年時代        井上 陽水
RIDE ON TIME    山下 達郎
夏が来る        大黒 摩季
あの夏も海も空も    福山 雅治
栄光の架橋       ゆず

みなさんにとって「夏といえばこの1曲」は何ですか。よい夏休みを。

 

1学期の締めくくりに…

今年の1学期は7月末日までです。授業では学期のまとめが行われています。

 

 

技術科では木材加工の仕上げをしています。納得のいくまで磨き上げをしたり、ニス塗りをしたりしています。

 

県駅伝を目指した練習も開始しました。

 

 

朝の短い時間を利用して、体操のあと10分間走やビルドアップを行っています。

 

放課後、今年度初の全校集会を行いました。

全校生徒が一堂に会することができた喜びは、誰もが感じたことでしょう。

集会ではALTお別れ会と、夏季休業前の生徒指導主事講話がメインでした。

 

先生からのお話と、生徒会からのメッセージと花束贈呈が行われました。

1年間ありがとうございました。

 

生徒指導主事からは1学期の振り返りと夏季休業中の生活についての指導講話でした。①与えられた命を守る②充実した生活③家族との時間について、具体的なお話がありました。

明日は1学期最終日。体調を整えて、みんなで終業式が迎えられるよう登校してください。

あいさつ日本一を目指して

梅雨がようやく上がりそうな気配です。外は蒸し暑いですが、教室の中はエアコンが効いて過ごしやすくなっています。夏休みはもうすぐです。もう一息頑張りたいものです。

今朝は、2年生の生徒が朝の挨拶運動をしていました。朝早く来て挨拶運動に参加するという気持ちが自分を成長させてくれるものと思います。すべては、気持ち、姿勢次第です。

ボランティアは、人のためにもなりますが、自分のためになる行いだと感じます。

「人の為と書いていつわりと読むんだねえ」相田みつお

 

最後の雨に

 間もなく梅雨が明けそうです。部活動が終わった後の下校の際は、雨が降っていました。梅雨明け前の最後の雨になるのでしょうか。雨合羽を準備していた生徒が多くいました。先生たちも下校の様子を見守っています。

 

総合的な学習の時間です

今年度1年生は総合的な学習の時間で、「ふるさとから学ぼう」というテーマで、地域についての調べ学習を行っていきます。前回、選択講座が決定しました。1学期最後の授業、本日は個人テーマの設定と具体的な活動について計画を立てました。

担当の先生から、今日の活動内容を聞き、個々の疑問や希望を細かく聞き取る時間となりました。

 

 

 

本格的な調査・研究は2学期です。見通しの立った活動になるよう学年部担当教職員でもサポートしていきます。

交流戦4「次へのステップ」

各会場で、交流試合が行われた。共に目標を持って努力してきた仲間です。

 礼儀正しい野村中の生徒に心から拍手を送りたいと思います。

お互いに健闘を称える気持ちと、次への目標に向かい「次へのステップ」としてけじめを持とうと努力しました。

背負ったものの大きさや「伝統」ということを忘れてはいけません。ユニホームやその番号には過去のいろいろな思いが詰まっているのです。

「次のステップ」へ果敢にチャレンジしてくれることを期待しています。

水泳部も、けじめの記録会で締めくくりました。

 

お疲れさまでした。「次へのステップ」として頑張っていきましょう。 

交流戦3「思い出は永遠に・・」

本日も交流戦が三瓶中学校体育館で行われました。連日の会場準備・運営等で大変お世話になりました。

白熱したすばらしい試合が展開されました。練習が思うようにできなかった期間もあり、十分とは言えませんでしたが持てる力を振り絞り全員が全力でプレーしました。

3年生にとっては、区切りの交流戦となりました。

全チームの健闘を称えます。

最後の公式戦となる大会も宇和球場でありました。

軟式野球部は、3年生は3名でした。

一人一人がしっかりした態度であり自覚のある素晴らしい上級生であったと思います。

胸を張って、今後も頑張ってほしいと思います。

交流戦2「お世話になりました!」

昨日は、宇和運動公園テニスコート、宇和中体育館、三瓶中体育館で、本日は野村中グラウンド、三瓶中体育館で交流戦が行われました。

どの会場においても感染予防対策がしっかりと行われており、生徒や保護者の皆様、地域の皆様に対して「感染を防止する意識の高さ」 が感じられました。本当にお世話になりました。

生徒もお互いに気持ちよく「全力」で戦っていました。

お互いに、健闘を称える「スポーツマンシップ」こそ、この新型コロナ感染拡大防止の渦中、大切な部分であると思います。

生徒たちが、「気持ちよく全力でプレー」できるように各学校の先生方、関係者の皆さんにご尽力いただきました。特に会場校においては大変御苦労をおかけいたしました。

 同じ世代の仲間として、生徒にとっては「かけがえのない思い出」となったことでしょう。

「大変お世話になりました。」お互いの健闘を称えたいと思います。

食中毒注意!!

 

細菌性食中毒注意報発令! 要注意!

交流戦や練習試合を前に気を付けてください!

愛媛県教育委委員会保健体育課より通知がありました。

予防措置を次の資料で確認して、注意してください。

 

 

猛暑の中で

 本日の宇和は猛暑日となり、とても暑い一日となりました。

 まずは、ALTのお別れ会です。ALTのM先生は、とても明るくフレンドリーです。職員室前の池にいるカメを大変かわいがっていました。短い間でしたが、宇和中に確かな足跡を残しました。生徒もカメもさみしがっているでしょう。生徒の代表が英語でメッセージを送りました。今後の活躍を応援しています。

 続いて、ブロック集会です。各ブロックの四役が、ブロック名や決意を発表しました。最後は、各ブロックに向けてエール交換です。マスク越しに響く応援歌。今年は、特別な運動会になりそうです。特別だから思い出も深く・・・・・・。リーダーの言葉を思い出します。

 

 午後からは、全校体育です。男子生徒は、伝統ある「宇和中体操」を学びます。校長先生から熱い指導を受けました。炎天下の中、ポイントを押さえた校長先生の指導で、初めて宇和中体操をする1年生、また、全校生徒の宇和中体操がより美しく、力強くなっていきます。

 本日、県内最高の暑さを記録した西予市宇和。暑さの中、一日で大きく成長した宇和中生でした。 

See you again!

本日、ALTの先生が最後の出勤日でした。

4時間目に、運動会のブロック集会が予定されていたので、その前数分を使って、ALTのお別れ会を行いました。

宇和中には、ほんの1学期間だけの滞在となってしまいましたが、多くの生徒と関わったのではないでしょうか?すごくフレンドリーなALTでした。

お別れのスピーチは、すべて日本語でしました。(すごい)

そのあと、生徒代表がお礼の言葉を述べました。しかも、すべて英語で。(これもすごい)

彼女はこれからも、まだ、日本で過ごします。その間に、日本語をペラペラにしたいそうです。

元気で過ごしてほしいと思います。See you!

熱い思いは永遠に・・・ 交流戦

男子バレーボール部 交流戦が宇和中体育館で19日(日)に行われました。

お互いの健闘を称え、さわやかに交流戦を終えました。

生徒たちも両チームともとてもいい表情をしています。

 

 白熱したラリーが続きます。

 フルセットの末、明浜中学校が勝利しましたが、一進一退のすばらしいゲームでした。お互いの健闘を称え、さわやかに交流戦を終えました。今後の活動にエールを送りたいと思います。

 同じく18日に行われたソフトテニス男子の交流戦においては、団体戦で見事1位に輝き、校長室に報告に来てくれました。

 精悍な顔つき、落ち着いた態度から、充実した取組であったことと想像できました。お互いの健闘を称え、今後も「ひたむきに」取り組むことを大切にしてほしいと思います。

道徳科研究授業3-1「人っていいなあ」思いやり・感謝

 3年生の道徳科では「おもいやり・感謝」をテーマに「人っていいなあーおもいやりの連鎖」という授業が公開されました。 

特別講師としてお招きして、御指導御助言をいただく松山市市民部人権啓発課の斎藤照夫先生も2年生の授業後、連続して参観いただきました。

共感を得るような導入で、現実に起こった事実から考えます。

学級担任も、登場人物の立場に立って上手に心情を考察させていました。

 多面的・多角的に物事を捉え、多様な価値観を尊重していく温かい雰囲気がありました。

何より素晴らしいのは、自由に意見が言えるという雰囲気です。

これからも、もっと深めていけたらと思います。

道徳科研究授業2-1「いじめのない世界へ」

2年生の道徳科では「公正、公平、社会正義」をテーマに「いじめのない世界へ」という授業が公開されました。

特別講師としてお招きして、御指導御助言をいただく松山市市民部人権啓発課の斎藤照夫先生も1年生の授業後、連続して参観いただきました。

生徒たちが、真剣に課題に取り組む様子を見ていただきました。

生徒たちの「練り合い」の様子等観察していただきました。多面的・多角的な物事の見方などについて生徒目線で、じっくりと観察されていました。

落ち着いた中で、しっかりと課題に取り組む態度が見られました。

 

自由に意見を述べる雰囲気がありました。学年を追って話合いの雰囲気が成長過程において差がありますが、素直に意見が出ていました。

多くの参観者の中でも、臆することなく自分たちの学習ができている点も大変すばらしいと感じます。

多様な価値観に触れさせ、自己を見つめることを狙いとしています。生徒は堂々と意見を述べることができていました。

教師も上手く意見を引き出しながら、人間としてよりよい生き方や善を志向する感情へと導いています。

生徒も道徳的価値の大切さを感じ取りながら、自己を見つめる機会となっていることと考えます。

道徳性が確かに育つ授業に向けて一層研究していかなくてはなりません。生徒たちは、素直に取り組み課題に真摯に向き合っています。

より道徳的行為を促す「強い思い」「意思」がしっかりと育つようさらに研究を進めていきます。