R2宇和中学校日記

緊張の中

17日4時間目、2年生は道徳の研究授業でした。

今回は、公開授業だったため市内の先生方と松山から講師の先生も授業を参観です。

緊張の中、行った授業は「いじめ」について。

担任と違って生徒は緊張などどこ吹く風。

逆に、のびのびとしてて、研究授業を楽しんでるようにさえ感じました。

班での話し合いもどんどん進みます。

話し合いの結果は、キーワードにしてホワイトボードに書き込みます。

前半で揃ったところで、各班、キーワードをもとに発表。

今回の、授業は「いじめ」。

生徒たちには、被害者と加害者という関係だけでなく、観衆や傍観者もいじめに加担しているということに気付いてもらい、いじめは絶対、悪であると認識してもらいたいと思っての授業でした。

誰もが、いじめは見逃さない、許さないという気持ちを持ってほしいと思います。

道徳科研究授業1-3「権利と義務」

本日は、1年、2年、3年と全ての学年で道徳の研究授業を行いました。外部講師として松山市市民部人権啓発課の斎藤照夫様(元生石小学校校長)をお招きして、全ての授業を見ていただき御指導御助言もいただきました。

西予市の道徳委員会の先生にも授業を参観していただきました。

明るい雰囲気で、意見が出しやすい「雰囲気」が感じられました。積極的に課題に集中する1年生の姿は「学ぶことが楽しい」という風にも見えました。

ユーモアを交えながらテーマへ関心を持たせます。生徒も素直に意見を出していました。取り組む姿勢も積極的です。

個々の意見を尊重する姿勢が多くの意見を引き出していました。また、自由に意見が出しやすい支持的風土も感じました。

個の意見を少人数グループで練り合います。

本校のテーマは「練り合い」です。多様な価値観をお互いに述べあい深めていきます。年度当初できなかった小グループでの話し合いがやっと行えるようになりました。

 授業における自分の「心の変化の見える化」=「心情円」を使って深く考える習慣化を図っています。他人の考えを聞き、価値観の多様化を理解させることも大変有効です。

自分のこととして、一般論でなく現実の問題として置き換えて深く考えさせます。生徒も真剣です。

齋藤先生から、「しっかりと学習されている姿を見させていただき本当に幸せです。」というお言葉をいただきました。改めて学習することの「楽しさ」を授業を見ている者も感じ取ることができました。 

お楽しみ

今日の給食のメニューは、リクエスト献立。

生徒たちのお楽しみです。(メニューが表に表示されていないので)

そんな本日のメニューは、キムチご飯、から揚げ、かむかむサラダ(さきいかの入っているサラダ)、ポトフ、牛乳。

たしかに、生徒の食いつきは良かったと思います。

 

そして、2年生の午後からの授業は総合的な学習の時間でした。

6時間目には、体育館に集合して、職場体験のオリエンテーションをしました。

このようなご時世なので、福祉関係・医療関係等の職場にはご迷惑をおかけしてはいけないので本年度は遠慮させていただき、他の職場体験ができることを期待してのスタートです。

説明を受けたら、生徒たちはそれぞれ企業や商店の希望をプリントに書き込みました。生徒たちは、働く体験ができることに対して、とても楽しそう。

これから、世の中が好転してくれることを願っていくしかありません。

3年生「ローテーション道徳 研究授業」

本日、3校時目で3-2で「道徳」の研究授業が行われました。

17日には、全校で「道徳」の研究授業を行うよう計画していますが、本日は3-2で研究授業を行いました。

本校は、昨年度、文部科学省委託「道徳教育の抜本的改善・充実に係る支援事業」愛媛県教育委員会指定「特色ある道徳教育推進事業」における道徳教育の推進を行ってきました。

落ち着いた雰囲気で、授業に取り組んでいます。生徒一人一人が課題に真剣に向き合っていることが伝わってきました。

友人の意見を参考にするため、道徳ノートを交換したり、話合いのルールを示した「ガイドライン」に沿った小グループでの討議など、ルーティーン化しているところに成果を感じました。

小グループで出た意見を全体で発表し、共有化を図ります。

授業者のM先生も、各班の意見をうまく吸い上げ深めていました。

「練り合いの場」を尊重し、お互いの意見を尊重していく姿勢が定着しつつあることを感じます。互いに、価値観を深めていこうとする「真摯な姿勢」に好感が持てました。

これまでの道徳の授業の振り返り(自分の取組の評価)ができるようにノートの最後尾の評価表にきちんと全員が記入していました。

本校の研究主題は、

「自己の生き方や人間としての在り方の自覚を深める道徳教育の研究」です。

学ぶことの「楽しさ」を感じていることが伝わってきました。

 

プレ道徳研究授業

 14日、2年生では金曜日に行われる道徳の研究授業のための、プレ研究授業が行われました。

 本当ならば、今年度、文部科学省指定「特色ある道徳教育推進事業」による研究発表会が本校で行われる予定だったのですが、今回のコロナの影響で事業は中止となりました。しかし、その研修は宇和中の中で続けているのです。

 そして、先生たちが授業見学を行いました。

 今回行っている道徳は、ローテーション道徳といって、1~4組の担任が毎回違うクラスにスライドして授業をしていきます。本日は、3回目の「いじめ」についての授業です。

 いろいろな生徒が次々と発表していて、道徳に対する意識の高さを感じました。